↑正男一覧へ戻る スーパー正男トップへ
「 浩二の冒険2ndstory12 」

[Canvas版] Java版

No. 3825
タイトル : 浩二の冒険2ndstory12
特徴 : ~第十二話 止めれるもんなら止めてみろよ byグラス~ ボス戦。足場が高いせいで戦いにくい。
作者 : 電動岩石


名前 メールアドレス(非公開) ←記憶 & 効果音設定 (効果音:ON
得点 コメント
順位 名前 得点 コメント 登録日時
1位 ポール 120   2016/11/01 18:52
1位 予感魚 120   2009/11/12 18:51
3位 ekiben 10   2013/08/06 19:49
3位 鷸端 10 2回踏んだぞ!! 2012/07/05 19:54
3位 鷸端 10   2012/04/15 08:18
3位 wdvm5682 10   2012/04/05 08:55
3位 鷸端 10 ものの見事にやられた(ぇ 2012/03/27 20:27
3位 浩司の冒険 10   2012/02/14 17:05
3位 第一位スーザ 10   2011/11/10 19:26
3位 ほのぉじじぃ(ファイアブロス) 10   2011/08/10 13:31
3位 sai 10   2011/07/16 13:41
3位 ami 10   2010/11/13 22:55
3位 tatata 10   2009/08/23 23:58
(ベスト5のみ表示)


このBGMは、ゲーム製作者によって選択されています。
Powered by ■将棋のページ■

★が1、が5、が10、が20。
難易度:★★★
♪:TOAオラクル六神将戦




ストーリー

ランド「・・・なかなかやるね・・・。」

正男「余所見をしてる場合か!?」

正男がランドに殴りかかり、ランドはそれを受け流した

ランド「無駄だよ・・・。君たちの力じゃまだ僕にはかなわない。だから楽しませてくれっていったんだよ。」

煉路「くそっ、どうしたら良いんだ・・・?」

ランド「そんなに気にしなくても良いよ。僕は十分楽しめたしね。」

正男「!・・・・それじゃあ・・・。」

ランド「約束どうり、宝玉は返すよ。また楽しませてね。」

ランドは消えた

煉路「とりあえず、世界崩壊は防げたってわけか・・・。」

正男「じゃあ、浩二のところに行こう。」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
浩二・フーシェサイド
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


浩二「ねーリャゴ。例の島まであとどのくらいなの?」

リャゴ「2、3日だな。」

浩二「じゃあ甲板行っててもいい?」

リャゴ「勝手にしろ。でも落ちるなよ。絶対に。」

浩二「それじゃあ、行ってくるよ。」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
飛行艇甲板上
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


浩二「昔、ここでリャゴと戦ったっけ・・・。」

ザアァァァァァァァ・・・。

浩二「あ、雨降ってきた。戻ろっと。」

???「ちょっと待ちな。」

浩二「え・・・?」

???「おい、この飛行艇は例の宝玉が埋まってる島に行くのか?」

浩二「宝玉・・・・。お前、まさか・・・。」

???「ああ、そうさ。どうやらこれで良いみたいだな。俺はグラス。MHシリーズのバ○ルモスを真似して作られた。」

浩二「お前、宝玉を取りにいかないのか?」

グラス「そんなに急ぐ必要はないのさ。ランドも宝玉を手に入れたようだしな。」

浩二「ってことは、残りの宝玉は2つ・・・。」

グラス「おい、知らないのか?残りは1つだ。王都の宝玉も手に入れた。」

浩二「じゃあ残りは島の1つだけ・・・。」

グラス「そういうことだ。そして俺はこの飛行艇を潰しに来た。あとで邪魔されると面倒だからな。」

浩二「宝玉は絶対に渡さないぞ!」

グラス「やっぱり来るか。ま、止めれるもんなら止めてみろよ。